首イボ化粧品※おすすめのジェル&クリームはどれ?

 

首やデコルテあたりの首イボでお悩みのあなたへ!

 

口コミで話題のおすすめのジェル&クリームをランキング形式でご紹介します!

 

※返金保証ありは”クリアポロン”だけです。

 

艶つや習慣

 

艶つや習慣 URL1

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:120g※約1か月
  • 定期購入:2,052円(※2回目〜3,283円)
  • 単品購入:3,693円(※送料630円)

 

 

艶つや習慣は他社のジェルよりも圧倒的に内容量が多いです。

 

そのため、腕や背中など”面積が広い部分”にたっぷり塗ることができます。

 

これで、返金保証があればいいのですが(汗)
残念ながら、保証はないです・・・・

 

>>【公式】艶つや習慣公式サイトはこちら

 

 

クリアポロン

 

クリアポロン

 

  • 返金保証:あり※180日間
  • 内容量:60g※約1か月
  • 定期購入:1,800円(※2回目〜5,440円)
  • 単品購入:3,693円(※別途送料あり)

 

クリアポロンの返金は”初回購入分1個分のみ”が対象です。

 

>>【公式】クリアポロン公式サイトはこちら

 

 

シルキースワン

 

シルキースワン

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:20g×2個※約1か月
  • 定期購入:2,980円(※2回目〜5,400円)

 

ミニケースタイプなので、手軽に持ち運びができます。

 

内容量は少ないですが、やや伸びやすいタイプです。

 

そのため、小豆大くらいの大きさで十分です。

 

 

>>【公式】シルキースワン公式サイトはこちら

 

ぽろぽろとれる杏ジェル

 

杏ジェル

 

  • 返金保証:なし
  • 内容量:100g※約1か月
  • 定期購入:25000円
  • 単品購入:3000円(※別途送料あり)

 

当サイト内で唯一のチューブタイプのジェルです。

 

洗顔後に気になる部分(首やデコルテなど)にやさしくこすると古い角質がポロポロ取れます。

 

>>【公式】杏ジェル公式サイトはこちら

 

 

 

 

首のイボについての疑問など

 

首のイボについての疑問

 

どうして首回りに老人性いぼができるの?

 

老人性いぼは、大量に紫外線を浴びることや皮膚が老化してしまうことによって発症するいぼのことを言います。

 

人間の皮膚は外気や日光にさらされる事によってどうしてもダメージを受けてしまいます。

 

そのダメージの受け方は人によっても違いますが、それが蓄積されるとドンドン老化のスピードを速めてしまいかねません。

 

もちろん正常に代謝が行われていれば老人性いぼが出来るリスクも軽減されますが、肌の老化によって代謝が悪くなって行くと、徐々にできる数も増えて行ってしまいます。

 

 

老人性いぼは紫外線等によってできたメラニンが角質と一緒になることによってできています。

 

肌の老化が関係しているので服を着ていてあまり紫外線を浴びていない所にもできる可能性はありますが、
基本的には首・顔・腕等肌が露出している部分にできやすくなっています。

 

その為、首の様に基本的に年中露出している場所は、服出隠されている部位に比べるとできやすくなってしまうのです。

 

これが首回りに老人性いぼが出来る理由です。

 

 

また顔よりも首回りに良くできる原因としては紫外線だけでなく洋服の影響も関係しています。

 

洋服を着る時にどうしても首回りを襟で摩擦してしまうことが多いからです。

 

 

レーザー治療でとれる?※リスクはあるの?

 

 

加齢によって、首回りには脂肪の塊ができやすくなります。それらは老人性イボといって、良性であることが多いので、特別心配することはありません。

 

しかし老人性イボがあることによって不快な気持ちになったり、悪性に変化することが不安だというときは、レーザー治療を使って除去することができます。

 

医療機関でレーザー治療を受けることができますが、医師が施術を行ってくれるので、リスクが少ない安心な治療方法です。

 

レーザー治療は、専用のレーザー機器を使用しますが、そのレーザーの威力は調節することが可能です。

 

老人性イボの大きさによって、レーザーの威力を弱めたり強めたりすることができますし、レーザーは老人性イボがある部分をピンポイントで破壊することができます。

 

他の皮膚の部分への影響が最小限で済むので、リスクはかなり少ない治療法だといえます。レーザー治療を行うことによって、
老人性イボを根こそぎ除去することができるので、治療を受けた後の皮膚は、イボがあったことがわからないくらい綺麗になります。

 

痛みが気になる場合は、医療機関で治療を行うので、麻酔を適切に使用してもらうことも可能です。

 

レーザー治療は入院する必要もなく、日帰りで治療を行えるので、リスクが少ない治療方法だといえます。

 

 

イボコロリの液体タイプの特徴

 

イボコロリ液体タイプは、いぼ、タコ、魚の目に直接塗布するタイプの医薬品です。

 

成分は固くなった角質を柔らかくして溶かす特徴のあるサルチル酸が10%配合されています。6mLと10mLのタイプが市販されています。

 

イボコロリ液体タイプの特徴は、付けた感じがさらっといています。

 

すこしツンとする刺激臭もありますが、すぐに揮発するので、気分が悪くなることはありません。

 

塗布する前にお風呂に入ったり、蒸しタオルで温めて皮膚を柔らかくしておくと、浸透しやすく効果が早まります。

 

清潔にした気になるいぼの部分に、蓋の裏についている棒でちょんちょんと付けます。セメンダインのように色が白くなり被膜をつくります。

 

1日4回使用できます。3日から4日塗布すると患部が白くなってきます。

 

浸透した有効成分が徐々にいぼの部分を溶かして薄くしていきます。

 

イボコロリが乾いたら水仕事をしても大丈夫です。再度塗布する時は、被膜の部分を丁寧にピンセットなどではがします。
患部をお湯につけてふやかすと取れやすくなります。痛みがあるときは無理にはがさず、自然にはがれてから塗布します。

 

患部が完全に取れるまでは、数回繰り返して塗布します。患部がとれた後は、皮膚が自然に再生されます。

 

ヨクイニンの効果と副作用を解説

 

ヨクイニンとはあまり聞きなれない言葉かと思いますが、これはイネ科の麦の一種でハトムギと言うものがありますが、その皮から取り除いた種から得られる成分です。ですので健康食品としてはハトムギと呼ばれていて漢方薬としてヨクイニンと呼ばれています。

 

そんなヨクイニンの効果ですが、これは皮膚の新陳代謝を促す効果や血行を良くする効果に加えて、膿や毒素を排出する効果も持っています。また抗炎症や皮膚の再生、皮膚の柔軟化、保湿、免疫力の向上なども効果として挙げることができます。その結果としてイボやシミ、そばかす、しわ、ニキビなど肌荒れ全般、さらにはアトピー性皮膚炎などの予防改善にも期待ができます。

 

肌への効果の他にも様々な作用があるとされていて、例えば口内炎の改善や便秘の改善、咳やのどの痛みを抑えて風邪をひきにくい体にしてくれます。その他にも子宮頸がんの原因とも言われているヒトパピローマウイルスから身を守ることができるので女性には強い味方になってくれます。

 

そんなヨクイニンの副作用ですが、そもそもハトムギと呼ばれる植物なので、強い副作用はなく皮膚に塗っても飲んだりしても安心して使うことができます。ただし、漢方薬として使われている場合には他の成分によって発疹やじんましん、下痢、胃の不快感などの副作用が現われることがありますので注意してください。

 

杏仁オイルの特徴を解説

 

杏仁オイルは「アプリコットオイル」とも呼ばれ、「杏子」の種から得られた「仁」から絞り出されたオイルです。
このオイルの中には「パルミトレイン酸」という別名「若さの脂肪酸」と称される成分を豊富に含んでいるという特徴があります。
パルミトレイン酸以外にも、過酸化皮脂の予防に役立つ「オイレン酸」、セラミドの構成成分であり肌の乾燥や老化を予防する「リノール酸」、皮脂分の補油効果のある「ステアリン酸」、紫外線から肌を防御してくれる「パルミチン酸」があります。
このように、杏仁オイルには、高級脂肪酸が豊富に含まれていることにより、女性にはうれしい効果がたくさんあります。
いぼの改善やシミの改善、紫外線の予防などです。
特に、更年期以上の女性は、血流が悪くなり体内に老廃物がたまりやすくなります。
それにより、皮膚の新陳代謝も悪くなってしまい細胞が異常増殖して「いぼ」ができやすくなります。
一度できてしまった「いぼ」は、なかなか除去することが難しいのですが、杏仁オイルなら毎日患部に塗り続けることによりお肌に浸透し、改善することができます。
また、いぼ以外にもニキビや吹き出物といった肌トラブルの症状の改善にも期待ができます。